卓球・ピンポンの知ってて良かったは卓球用品、用語、ルールや上達法、また卓球用品店リストなども記載した卓球総合情報サイトです。近代卓球といわれて久しい昨今、時代に即した上達法、ルール、卓球用品の知識を身につけて、更なるレベルアップをはかりましょう。





2009年03月22日

応急手当て

卓球って体への負担が軽そうなスポーツなので、応急手当ての必要ってあるのでしょうか?ということをよく聞きます。

私ではありませんが、卓球の試合をしていて、緊急事態になったことが一度あります。

その方は試合中に突然心臓が止まってしまいました。もともと心臓に持病があったわけではなく、突然止まってしまったのです。

幸い、応急処置がよく、救急車も間に合って一命はとりとめました。

ここまではいかなくても、試合中に足がつる、肉離れをおこす、なんてことは結構遭遇する機会があるかもしれません。

40歳以上のかたなら、試合中にはりきりすぎて足がつったりは経験済み、という人も多いでしょう。

最近、私の近くの試合では試合前に主催者が率先して準備運動をするようにしています。

応急手当てのいろんな知識があれば、いざという時にも困りませんよね。
posted by pingpong at 09:07 | Comment(0) | 卓球のための運動

2009年02月24日

多球練習の球出し

多球練習の球出しをしている方も多いかと思います。また、多球練習を受けている方も多いでしょう。

皆さんどういった感じで多球練習の球出しをしていますか?

私も練習で球出しをすることがあります。

以前は10ダースほどを連続して出していました。疲れてもラケット角度の調節や振りが正確にし続けることが出来るようにと思ってそうしていました。

どうやら違うようですね。

出す時にはしっかりと課題を決めて4球から5球くらいを1セットとして、それを連続にする方が良いようです。

例えば3球目ドライブをした後の5球目の角度調節がうまくいかずにオーバーミスばかりしてしまう人に対しては、

・まず、バック側に下回転を出す。それをツッツキ。
・次にフォアかミドルに下回転。それをドライブ。
・次にミドルに通常回転。それを強打。
・次にフォア側に通常回転の浮いた球。それをスマッシュ。

という感じです。これで4球1セットになります。
これを何回もやるわけです。

最初のツッツキは出来るだけ実戦に近い形にするため。

それぞれの課題に沿っていろいろ考えてみるのも楽しいかもしれません。
posted by pingpong at 23:39 | Comment(0) | 卓球上達(するかも?)方

2009年02月03日

卓球の促進ルール

2008年度の全日本選手権女子決勝戦の平野対王、おもしろかったですね。
最後は促進ルールが適用されるほどの熱戦になりました。

ところで、促進ルールって何?名前は知っているけど正確には分からない。という人、結構多いんじゃないでしょうか?

そこで、促進ルールについて簡単に説明しておくと、

1.試合開始から10分経過すると試合がとめられる。
2.そこからはサービスが1本交代になる。
3.ラリーが13本続いた時にはレシーバーの得点になる。

というものです。
促進ルールには、10分経過のほかにプレーヤー双方の希望により入ることも出来ます。
また、どちらかが9点に達している時はそのゲームに関しては促進ルールには入りません。

この促進ルール適用はカットマン対カットマンの試合等でよく見られますが、今回の試合のようにドライブマンが粘るような試合でも見られるのですね。