卓球・ピンポンの知ってて良かったは卓球用品、用語、ルールや上達法、また卓球用品店リストなども記載した卓球総合情報サイトです。近代卓球といわれて久しい昨今、時代に即した上達法、ルール、卓球用品の知識を身につけて、更なるレベルアップをはかりましょう。





2014年02月17日

卓球3ステップレッスン



卓球3ステップレッスンという本を紹介します。

この本は実用というよりはむしろ指導者向きといえるでしょうね。
いろいろな技術の練習方法が3ステップで分かりやすく解説されています。

自分で読んで自分で練習することももちろん出来ますが、相手が必要な練習がほとんどなので、チームの指導的な立場の人などにも良いのではないのでしょうか。

卓球を初めて始める人のためのごく基本的なことから解説されているので、中学の顧問の先生などにはとても良い本だと思います。

posted by pingpong at 15:20 | 本の紹介

2009年03月23日

卓球の戦術を磨く

卓球の戦術ってどうやって学んでいますか?

「まあ、試合をやりながら。」

なんて声が聞こえてきそうです。

分かりきったことですが、卓球の技術が同じくらいなら後は戦術次第で試合は勝てるものなのです。

ここは、やはり世界で活躍した人の戦術を学ぶべきではないでしょうか?

普通の人が卓球の戦術のことをあれこれ考えてもたかがしれたものです。

試合をしながら相手に合わせた戦術を立てることも重要です。
しかし試合中は何をやっているのやら分からなくなっていることが多いですし、試合の合間にコーチやチームメイトからいろいろと作戦のことを言われても、頭の中が真っ白になっていて何を言われているのか分からない、なんてこともあるでしょう。

やはりここはじっくりと家で戦術について勉強するのが得策です。

というわけで、本の紹介です。

「高島規郎の卓球戦術ノート」

です。

いわずと知れた、一時代を築いたカットマン。引退はしましたが松下浩二のコーチとしても有名ですね。

私が、この中でひかれた内容は、

「効くサービスは効かなくなるまで出し続ける」

というものです。

普通効くサーブはあとあとまでとっておきたくなるものですが、11点マッチになった現代卓球では相手もサービスに慣れにくくなっているといった内容です。
これは私にも目からうろこの内容で、簡単に使えるので早速実践しています。

「卓球戦術ノート」には、他にもこういった戦術がたくさん載せられています。

読んで損をする内容の本ではありません。ぜひ読んでみてはいかがでしょうか。

posted by pingpong at 23:16 | Comment(0) | 本の紹介

2009年01月24日

卓球王国

卓球王国、読んでますか?
私は定期購読しています。

こういった卓球の本って情報だけ本屋でさらっとという人もいるかもしれません。
また購入している人でも試合の情報だけで技術的なことはレベルが違うからといって流すだけという人もい多いかもしれません。

例えば世界トップの選手のプレーの連続写真が載っていたとします。
「うわー、すごいなあ」
というのもいいでしょう。

しかしながら

サーブの連続写真は自分のサーブの種類が増やせるいい機会かもしれません。
フットワークの連続写真は自分の動き方を効率良くするいい機会かもしれません。
メンタル面のコーナーでは自分の卓球でのメンタル面を磨くいい機会かもしれません。

例えばサーブなどは
「どうせやっても試合では使えないから」
となりがちです。

私もそのくちでしたが、ある時実際写真にあるサーブをやってみようと思いました。サーブの種類を増やしたいと思っていたのですが、卓球のサーブというものは結局自分の努力以外の何ものでもないのです。

それでサーブを5種類練習しました。それで使えるようになったサーブは2種類。その内よく効くサーブは1種類。
そんなものなのかもしれません。卓球の本を見て練習したからといってそれが全部使えるようになるとは限りません。最近はそう割り切って卓球王国を見ながらサーブの練習に励んでいます。

また卓球王国の良いところは新製品情報が各メーカーにわたって網羅されているところですね。メーカー発の情報誌だとそのメーカーの新製品情報しか分かりませんしね。

卓球王国はずばり定期購読がお勧めです。本屋で買うとなると忘れることもありますし、品切れなんてこともありますからね。
定期購読のいいところは送料が込みになっていること。書店で購入する価格で送ってくれるのですからありがたいです。
ネットでも簡単に定期購読の申し込みが出来ますので、一度チェック下さい。
posted by pingpong at 07:12 | Comment(0) | 本の紹介